MENUメニュー

塗り壁デザインDESIGN

PEKI-0001本土壁やすらぎ カラー№1 撫で仕上げ 

PEKI-0001本土壁やすらぎ カラー№1 撫で仕上げ 

■上品な表情の土の風合いが際立つ和テイストの土壁

 

茶室のような空間の仕上げとして、古くから利用されてきた「糊土(のりつち)」。

糊土は、自然素材の材料で「土」「砂」「藁(わら)」「海藻糊」からできています。

素材の土や藁が表面からよく見え、フラットに塗ると優しくふんわりと仕上げるのが特徴。

「土は撫でもの・・・」と言わることがあるように、コテで触り過ぎずにふんわりとやらかくし上げることが上品な意匠とされてきました。

上品な意匠で和テイストの空間で落ち着きがある雰囲気に合うデザイン。

自然素材の土壁なので、調湿性能で湿度が程よく保て、快適に過ごせ落ち着きのある空間にオススメです。


 

■材工設計価格(上塗りのみ) 4,900円/㎡

■材料設計価格(材料定価)  11,760円/18㎏入(㎡=1,960円)

■施工方法          糊土のフラット仕上げ

詳しい製品情報は画像をクリック!

 


 

よく比較されるデザイン 画像をクリック

 

【本土壁やすらぎ№5 撫で切り仕上げ】

 

デザインの詳しい施工方法やサンプル等のお問合せは下記のバナーをクリック!

メールで問い合わせ

使用した製品

デザインの特徴・イメージで探す

カラーイメージで探す

使用箇所で探す