MENUメニュー

塗り壁デザインDESIGN

0047土壁の素材が表面からよく見えるデザイン壁

0047土壁の素材が表面からよく見えるデザイン壁

土壁には割れ防止の素材、骨材として「砂」、つなぎ材として「わらすさ」が入っております。
この2つの素材を壁のデザイン、意匠としてより引き立たせた仕上げです。

土壁に混ぜる骨材の「砂」は非常に小さく、見えにくいので、小さな砂利などが混ざった「淡路島の砂」を混ぜ、さらに表面から通常荒壁土に混ぜる「荒すさ(切りわら)」を埋め込みました。

塗り終わった後、表面をスポンジでやさしく拭くと砂や砂利、埋め込んだ「わらすさ」が表面からはっきり見えるようになり、素材が引き立つデザイン壁になります。

色で選ぶ

素材で選ぶ

パターンで選ぶ

使用箇所で選ぶ

イメージで選ぶ