低温のリスクが少ない冬場にこそ土壁のご提案はいかがでしょうか? | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

01

2017 12

低温のリスクが少ない冬場にこそ土壁のご提案はいかがでしょうか?

これから本格的な冬になってきますね。気温が低くなる冬場は石灰が含まれている商品、漆喰、セメントなどは乾燥が遅くなり、白華(仕上がり表面に白い粉が出てくる)がでやすくなります。白華も硬化不良の一つなので、これから漆喰やセメントの施工しなくてはならない現場をお持ちの方は注意しなければなりません。
実験4
それにひきかえ白華は石灰が原因の現象なので、土にはそのリスクは無く、昔から木舞下地に荒壁をつける場合は寒くなる冬や冬前などに施工し、春になるまでじっくり乾かす方が多くいました。これも先人の方達が各材料の性質をよく知っていたからです。
以上のようなことをふまえ、冬だからこそ「本土壁やすらぎ」をご検討いただいてみてはいかがでしょうか?現代の下地石膏ボードにも塗れる、本物の土壁です。
お蕎麦屋さんや古民家改修、和モダン建築によく合う土壁です。お好みの5色の中からお選びくださいませ。
yasurag_1[1] yasurag_2[1] yasurag_3[1] yasurag_4[1] yasurag_5[1]
>>本土壁やすらぎくわしくはこちら・・・

—————————————————————————–

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

2017/12/01 11:30

このページの上に戻る