本土壁やすらぎをボードに塗る時に適した下地は? | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

27

2016 09

本土壁やすらぎをボードに塗る時に適した下地は?

糊土といわれる仕上げ材『本土壁やすらぎ』この素朴な感じが人気ですが、実際の施工となると色々デリケートなところもあるんです。
実際のところ皆さん下地材では悩んでいるようで、色々試されているようです。そこで・・・・

今回は、土壁に適した下地はこれだ!と題して色々実験してみます。
第1回目は、『ボードベースライト』です。
ボードベースライトは、兄貴分の漆喰専用下地『ボードベース』の1材型で正直なところ水引き性能はボードベースより落ちますが、逆に土壁にはいいかもしれません。

20160926183230119_0001

今回は、このボードベースライトに珪砂5号を1kgとあくぬきわらすさ少々追加して厚めに塗ってみました。

20160926_050634135_iOS
名称未設定 1 あくぬき

あくぬきわらすさは、アクを抜いているので下地材にも使えます。
昔はよくYNプラスターに入れていました。

あくぬき2

乾燥したら実際にやすらぎを塗ってみます。お楽しみに・・・

20160926_050628165_iOS 20160926_051754098_iOS

珪砂とわらすさで鏝離れもよく塗りやすいですよぉ~

≫本土壁やすらぎはこちら・・・

2016/09/27 11:00

このページの上に戻る