11月 | 2016 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2016年11月の記事一覧

30

2016 11

素材そのまま壁に如何ですか?

壁材の原料は沢山あります。
石灰系、土系、石膏系、樹脂系、セメント系等・・・
使う箇所やデザイン、機能によってどんな材料を使うかを選ばれると思いますが・・

今回ご紹介するのは「パワーサンド」!!

20160521120146371_000120160521120146371_0002

樹脂系にはなるんですが、珪藻土やゼオライト、シラスといった原材料の素材そのままを壁に塗ることが出来ます。
原材料の機能や表情そのまま外壁にも使用出来る優れものです。
特殊な透湿樹脂の使用により、骨材(原材料)のもつ機能(調湿効果等)を極力阻害することなくご使用いただけます。

専用骨材も用意しておりますが、お客様自身がお持ちの骨材も使用していただけますので、オリジナルの壁を作ってご提案頂く事も可能です。

店舗のオリジナルの壁に・・ 一般住宅のアクセントに・・ 和室の聚楽調の砂壁に・・ 水回りの壁に・・
是非ご検討してみて下さい。

パワーサンド 塗見本やカタログ請求はこちらから・・

 

 

2016/11/30 11:07

28

2016 11

新商品の土間たたき材料!【重吉たたき】講習会

この度本格派土間たたきの新製品【重吉たたき】が発売になりました。
お客様に知って頂くために商品説明会を開催しております。
ご興味のある方は、お問合せ下さい。

≫重吉たたきはコチラ

重吉たたきは、昔ながらの土間たたき「淡路土のたたき」を忠実に継承した藁すさ入り土間たたき材料です。
原材料は、「淡路土」「消石灰」「天然にがり」「顔料」を混ぜ、木槌や地鏝などでたたき締めて仕上げる本格派の材料です。
古民家の土間や茶室の犬走りなど昔ながらの土間たたきをご希望のお客様はどうぞお問合せ下さい。

お問合せは・・・近畿壁材工業HPお問合せフォーム

写真は、商品説明会の様子です。

≫重吉土間たたきのカタログはコチラ

20161106-20161106_010429999_iOS
20161106-20161106_010424496_iOS
お客様の自作!このたたき鏝すごい迫力じゃないですか!!

ただ、重たい・・・・

20161106-20161106_010426163_iOS
仕上げはスポンジ拭きで仕上げます。

20161106-20161106_035345321_iOS 20161106-20161106_035346888_iOS

2016/11/28 11:00

25

2016 11

またまたまたウルトラソイル施工現場へ(笑)

本当にウルトラソイルの現場ネタばかりですいません。それほどよくご注文いただいております(^^)ありがとうございます!
この度の現場は施主様がたたき(三和土)にこだわりがある方で、なおかつ強度も求められていたのでご採用いただきました。
強度が高くて薄塗り工法!現代風たたき「ウルトラソイル」はこちら>>>
平屋の古民家建築で施主様がたたきにこだわっていたのも現場を見て納得。住宅に使用している木材がすごいものばかり・・・お聞きすると親族に宮大工さんがいるとのことで、そちらにお願いし建てたとのことでした。さらに納得!(笑)
時間の関係で完成までお付き合いできなかったのですが、また完成写真撮影でお邪魔させていただこうと思います。
20161118_093115 20161118_120607 20161118_120311

2016/11/25 11:30

23

2016 11

瑞黒(黒しっくい)を守る為に!

当社の売れ筋商品の城かべ瑞黒!
瑞黒

真っ黒さに皆様驚かれますが、外部でその黒さを長年維持するのは難しいです。漆喰なのでどうしても白華がおき、雨ががり等の二次白華で白くぼけていきます。

そこで近畿壁材は撥水剤をおすすめしていますが、撥水剤にも沢山の種類があり効果や期間、意匠も様々です。

現在は色しっくい(黒しっくい)の保護にはプロテクターExをおすすめしていますが、よりよい物はないか!もっと長期的に保護出来ないかと実験を繰り返しています。

塗布塗布2

写真は今の近畿壁材の撥水剤ラインナップと新たな原料で試験しているところです。

試験試験2

後は外の試験台で長期暴露をして定期的に状況を報告させて頂きたいと思います。

2016/11/23 11:08

21

2016 11

土蔵の現場は勉強になります。

城かべ漆喰使って土蔵直してるから見においで・・・・とお誘い頂き遠慮なくお邪魔しました。

やっぱり城かべ漆喰は土蔵だね!

20161029-_DSC4700
補修はいつも、「昔のままで・・・」ということで苦労しますよね。でもその日本の伝統文化を継承し補修保存できるのも、左官屋さんの素晴らしさでそのお手伝いが出来るのも材料メーカーのやりがいです。
今回は、砂漆喰を昔と同じ厚みで塗って施工したそうですが、水引が少し早かったとのこと、古い土の上なので難しいですね。
場所によっては砂漆喰を塗っていない場所もあり、それはそれで大変そうです。
昔の人のやり方を見るのも本当に勉強になります。

20161029-_DSC4701

また、土蔵はめくってみないと解からないところも多くてどこまでめくって直すかの判断も難しいですね。
今回は、1面はそのままでいくそうです。

20161029-_DSC4707 20161029-_DSC4704

いつもながら勉強させて頂きました。感謝!

20161029-_DSC4708

商品PR!
土蔵の補修は蔵直し、どか付けが出来る漆喰はいかがですか、城かべに入れて使える厚塗り用添加材はこちら・・・詳しくはWebへ

2016/11/21 11:00

18

2016 11

ウルトラソイル施工現場へ!施工手順のご紹介(^^)

一般住宅のアプローチに「ウルトラソイル1㎡セット」が採用になり、行ってきました。現場にお邪魔させていただき、写真を撮らせていただいたのでこの度はその写真で施工手順をご案内したいと思います。
20161107_080428
まず施工前日に下地モルタルと材料が触れる側面に城かべシーラーを塗布しておきます。
20161107_082051 20161107_083134
1㎡セットを水4リットルでよく練ってから、材料を投入し施工個所に鏝で塗りつけ不陸調整します。※ポイント:少し固練りの方が鏝離れがよく作業性がいい(左官様談)
20161107_095936
不陸調整後30分~1時間経過したら、金鏝でしっかり伏せ込みを行います。※ポイント:伏せ込みをすることで表面の小ヒビ防止になります。
20161107_111936  20161107_113300

伏せ込み後約2~3時間経過したら、表面を濡らした刷毛でよく洗い、スポンジでふき取ります。
20161107_115213 20161107_113813
骨材が表面に綺麗に見えてくるまで洗うのが目安になります。
その後約1週間養生をして完成です。
完成後、表面の白華(表面が白くぼやけている)が気になる場合は酸洗いしてください。
ご協力いただいた施主様、工務店様、左官様ありがとうございました(^^)
>>>ウルトラソイル1㎡セット詳しくは・・・

2016/11/18 11:00

16

2016 11

小ネタですいません・・・新商品中土【なかつ】で中塗り!

土佐漆喰のはんだ【半田】同様、中塗りには砂漆喰もいいけれど、土漆喰がいいよねぇ~という声はよく耳にします。
今日は、新商品中土(なかつ)と城かべを使った土漆喰中塗りを作ってみましょう!

用意するのは、皆さんご存知「城かべ漆喰20kg」そして新製品!既調合本格派淡路土使用伝統土壁中塗り【中土(なかつ)】20kg、あとは左官砂・・・

中土(なかつ)にご興味ある方はこちらwebで・・・

20161017-20161017_020110691_iOS
で・・・これを1:1:1で混ぜるだけ、めちゃくちゃ簡単ですね!

土漆喰の中塗りは、水持ちが良くて、乾燥後この上に引き糊塗って城かべ漆喰塗れば抜群にいい感じ!みたいですよぉ~
皆さんも一度やってみてはいかがですか

20161017-20161017_043739952_iOS
塗りやすいのは塗りやすいですが・・・素人では判断できません。どなたか挑戦していただけませんか?

20161017-20161017_020125566_iOS

このままの仕上げでも綺麗ですね。城かべ中塗り土漆喰!

20161017-20161017_043759196_iOS
色々やってみました。

2016/11/16 11:00

14

2016 11

最近ウルトラ続きで・・・漆喰屋であることを忘れそうです・・・

最近のブログの投稿「ウルトラソイル」「ウルトラソイル」とちょっと多くないですか?
と言われてしまっても仕方がないくらいウルトラソイル売れてます!

ということで、今日も現場のご紹介、得意先に古民家の改修で城かべ漆喰使ったから見てくればとご紹介頂きお邪魔しました。

20161029-_DSC4665

おー城かべ漆喰に持って来いの素晴らしい現場~感動です。と近づいていくと・・・
もしかして・・・これは・・・「超土」と書いて「ウルトラソイル」じゃないですかぁ

そうなんです。この現場の外部と庭の犬走りはウルトラソイルを使って頂きました。

20161029-_DSC4673 20161029-_DSC4675

あまり厚みが取れない場所への土系舗装には持って来いのウルトラソイル、今回は掻き落とし仕上げで仕上て頂きます。
まずは下地のモルタルにシーラーを塗布。
乾燥後ウルトラソイルを塗り付けます。

20161029-_DSC468620161029-_DSC4678

「どうですか?」
「練るのも簡単だし、具合いいよ」
「塗りやすいで」

ありがとうございます。使いやすいということでホットしました。
20161029-_DSC4692 20161029-_DSC4695

塗り付けも無事に完成!
後は養生してワイヤーブラシで掻き落としです。
塗り付け終了が11:30なので多分3:00ぐらいには掻けるかな?
残念ながら次の仕事へ・・・完成写真はまた今度紹介しますね。

完成まで乾き待ち・・・・
20161029-_DSC4697

お疲れさまでした。

ウルトラソイルくはしくはWebで・・・

2016/11/14 11:00

11

2016 11

重吉たたきの講習会へ行ったのですが・・・

重吉たたきが新製品なので講習会に行ってきましたが、前日時間があったので岩村城跡を見てきました。
岩村城は日本三大山城の一つで天守閣はありませんが、石垣を見ながら山登りが楽しめ、山登りの途中、途中でスマホで見れる動く音声付観光案内があり楽しめます。
というわけで、岩村城周辺を散策中、おっ!これは大分前ですが城かべ漆喰を使っている「岩村山荘」発見!

20161029-_DSC4735

まだまだ綺麗ですね10年以上経っているのに城かべ漆喰そんなに汚れてないかな・・安心!

20161029-_DSC4733 20161029-_DSC4738

明日は朝から講習会、大分日が落ちるのも早くなってきました。
夕日が綺麗ので岩村の町を撮影!

20161029-_DSC4753 20161029-_DSC4750 20161029-_DSC4741

というわけで本題の講習会・・・今回は土をテーマに数種類の商品を紹介しましたが、やっぱり新製品の【重吉たたき】評判いいですね。

20161030-20161030_003721206_iOS 20161030-20161030_004814510_iOS 20161030-20161030_005108540_iOS

重吉たたきは、土と石灰とにがりで固める昔ながらの土間たたき。今までもそのような商品はありましたが、今回はより一層本格的に本物に伝統にこだわって改良!

詳しくは当社ホームページをご覧下さい。重吉たたきはこちら≫≫

 

2016/11/11 11:00

09

2016 11

城かべ油の使い方は?

城かべ油は城かべ漆喰工事の必需品!なんで?油が必需品なの?

城かべ油加工

漆喰の中に油を入れることは昔からされていたそうです。桐油や菜種油、もう少し前では鯨油なども使われていたそうです。
で、その効果は?まさに『水と油』油を入れることで表面からの雨水の吸水を防いでくれます。

もちろん城かべ漆喰はある程度押さえる事でそこそこ水ははじきますが、やっぱり油を入れるとその効果は絶大です。
是非!入れて下さい。

城かべ油詳しくはWEBで・・・≫

使用量は、城かべ漆喰20kgに・・・2本。古代漆喰や城かべ練り漆喰には・・・1本入れて下さい。

今日も頑張って作ってますよぉ~工場からでした・・・

web-1 abura-1

2016/11/09 11:00

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問