9月 | 2016 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2016年9月の記事一覧

17

2016 09

「ウルトラソイル」サンプル作成1

商品発売に合わせてウルトラソイルのサンプルを作りましたが、サンプル依頼が多く、急遽追加でサンプルの作成を行いました。

今回はスポンジでふき取ると水分でどうしても白華してしまうので色々工夫しながらサンプル作りを行いました。新しい商品なので私達も色々楽しみながら作っています。

予想以上のお問い合わせとサンプルの依頼でビックリしています。在庫を切らさないように1つ1つ丁寧に作っていますので気軽にサンプル依頼してください。

ウルトラソイル1㎡セットはコチラ・・・

 

2016/09/17 11:02

15

2016 09

蔵のクラック補修現場

先月のブログでご紹介した蔵のクラックの補修でヒビキエールを使用して頂いた現場に行ってきました。補修した写真がこちらです。

クラックは綺麗に埋めていましたがクラック部分が少し脹れていました。よくよくお話を聞いてみると下地は土中塗りですが一部にラスカットパネルを施工しているようでその部分にクラックがはいったとのことでした。やはり外部のボード系下地は十分な対策をしても割れるリスクがあることをご理解ください。
ヒビキエールはコチラ・・・

2016/09/15 11:56

14

2016 09

重吉たたきサンプル完成しました(^^)

先日ご紹介させていただきました「重吉たたき」のサンプル完成いたしました。
重吉たたきはセメントの無い時代から続く、昔ながらのたたき(三和土)土間仕上げを忠実に再現した材料で、淡路島の土と天然にがり、石灰を混ぜて叩き締めます。
使いやすい1㎡セットになっており、混ぜるだけで本格的なたたき土間が施工可能です。
昔ながらのたたき土間は年月が経つと表情が変わり、風情が出て味わい深くなっていきます。
カラーも3色展開になっているので、お好きな色をお選びください。
みなさまからのサンプル希望お待ちしております(^^)
20160913_131956
色は左から淡路・深草・三州になります。

2016/09/14 11:45

13

2016 09

本土壁やすらぎのカタログが変わります。

土壁の仕上げ材が市場に無い中、本格的な『糊土仕上げ』の既調合製品として誕生した『本土壁やすらぎ』
発売から20年の実績で今尚ファンに愛される本物の土壁です。
土と藁と砂と海藻糊だけで作った素朴な土壁を、古民家や和室にご利用下さい。

≫本土壁やすらぎはこちら・・・

やすらぎカタログ やすらぎカタログ

2016/09/13 12:00

12

2016 09

重吉たたき!カタログが完成しました。

『漆喰たたき』と『彩土たたき』を合わせた新製品!『重吉たたき』を発売します。
昔ながらの天然にがりを使った土間たたきを忠実に継承し、土と石灰とにがりでたたき締める土間材料です。
カタログの校正が出来上がったので取り急ぎご紹介します。

発売は、10月を予定しております。土間たたき

2016/09/12 17:16

12

2016 09

黒玉砂利の洗い出し・・・

豊岡市の庁舎には黒玉砂利を使用しての洗い出しが施工してあります。
大きな新庁舎の周りをぐるりと通路や階段に施工してありますのでかなりの㎡数で圧巻です。


最近は洗い出し工法も少なくなってきていると良く聞きますが、こちらも左官職人様が仕上げる伝統技法!
是非 採用して頂きたいですね~



洗い出しに使う玉石のお問い合わせはこちら・・・

2016/09/12 12:10

08

2016 09

「重吉たたき」「ウルトラ☆ソイル」講習会

9/4(日)に但馬左官業組合様のイベントにて弊社の講習会をさせて頂きました。
建材店様のご協力で倉庫をお借りし、新商品「重吉たたき」「超土 ウルトラソイル」の土間材2種を説明させて頂きました。

言葉では中々伝えにくいニュアンスも見て頂きながらだと「なるほど~」と言ってもらう事も多くて良かったです。

伝統の重吉たたきでは仕上げ方や長持ちさせる方法、ウルトラソイルでは施工方法やその機能を中心にご案内しました。

新発売の製品ですので、お客様からの意見も伺う事が出来、非常に有難かったです。

また宜しくお願い致します。

2016/09/08 12:10

07

2016 09

土舗装~真砂コン土間仕上げ編~

出張時に兵庫県豊岡市の玄武岩が取れるので有名な玄武洞で施工して頂いた真砂コンを見てきました。

玄武洞の詳しい説明はこちら・・・

施行して何年も経ちますので、劣化を心配しながらでしたが、それほど劣化もなく風景にマッチしていました。

土とセメントだけでは、一時的には真砂コン土間仕上げと同じように固くなりますが、長期ではボロボロになってしまいますので、真砂コン液の長期安定剤としての効果がきっちり出ていて嬉しかったです。
真砂コン土間仕上げはこちら・・・カタログもダウンロード出来ます。

2016/09/07 11:45

06

2016 09

リライムならどうでしょう!続き・・・・

先日、お客様から使ってみたいとご提案頂いた外断熱下地へのリライム、施工していただきました。
≫以前のブログ・・・リライムならどうでしょう!

城かべ漆喰などの漆喰材料は、塗ってすぐは下地が透けて見えることがあり、色の濃いファイバーネットなどは見えてしまいます。
今回も塗った直後は、透けて見えています。
IMG_4177 IMG_4178
上記の写真の真ん中あたり少しネットが透けて見えます。
ただ、ご安心下さい、城かべ漆喰などの漆喰材料は、乾くと比較的隠ぺい力があり見えなくなります。

今回も、特殊な下地への施工でしたが、何とか綺麗に仕上がりました。
左官屋さんも初めての材料で心配されていましたが、リライムに寒水石を入れたパターン仕上げはなかなか良いと評価頂きました。

IMG_4175 IMG_4176 IMG_4174
≫リライムはこちら・・・

2016/09/06 12:00

05

2016 09

まもなく発売!「重吉たたき」サンプルづくり

弊社は昔ながらの土・石灰・にがりのみで施工する伝統たたき商品として、「漆喰たたき」と「彩土たたき」2商品販売させていただいておりましたが、お客様より2商品あってわかりづらいというお声をたくさんいただき、この2商品を1度廃盤というかたちをとり、伝統たたき商品を1本化して新商品「重吉たたき」を販売させていいただくことに運びとなりました。
「重吉たたき」は3色展開の本たたき1㎡セット商品になっており、3色の中からお好きな色を選んでいただき、セット品なのでたたき特有の難しい配合がいらず、混ぜるだけで伝統のたたきが施工できるようになっております。
販売にむけて本日はサンプルづくりをいたしました。
これからの近畿壁材たたき商品は、現代風たたきが「ウルトラソイル」、伝統たたきが「重吉たたき」の2本柱で販売させていただき、お客様の使用用途等によって選択しやすいようにさせていただきます。
本物にこだわりたいお客様は「重吉たたき」をぜひ検討お願いいたします。カタログが出来上がればまもなく販売ですのでお楽しみに(^^)

DSC_1209

 

 

 

2016/09/05 16:30

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問