メンテナンス

城かべ漆喰:色ムラ(白華)のメンテナンス

before画像

Before

after画像

After

色ムラになってしまった壁面は補修する事は出来ないため、塗り替えが必要になります。
ただし、黒しっくいの場合のみ、リペアー剤をご用意しております。ご利用ください。

考えられる原因

漆喰の色ムラの原因は白華(エフロレッセンス)や過剰な鏝押さえによる鏝跡ムラ、水引きや塗り厚の違いなどが原因となる乾燥スピードの違いによる乾きムラなどがあります。
また色ムラの一番の原因となる白華(エフロレッセンス)には1次白華と2次白華があり、その名の通り白色で発生する現象です。通常の漆喰は白色なので白華が発生しても分かりにくいですが、カラー漆喰になると色ムラが非常に目立ちます。

メンテナンス方法

施工要領例1◇黒漆喰の色ムラの場合

①塗り替え面を水洗い(水拭き)後、完全乾燥

あく止めシーラー原液塗布後、完全乾燥(塗布後 半日~1日)

プロテクターB ローラーまたは刷毛塗り(塗布後 1~2日は雨に打たれないように養生)

この場合に使用する材料について
あく止めシーラー

塗り壁の大敵「アク」をシャットアウト!コンパネや古壁、漆喰の塗り替えなどにお使い下さい。
定番の600g入のほか、使いやすい4kg 入り汎用タイプ、大変お得な18kg タイプもございます。

お問い合わせ・資料請求はこちら
プロテクターB(黒)

黒漆喰仕上げ施工時の色ムラや、雨に打たれて発生する二次白華による色ムラを修繕するリペアー剤。リペアーするだけでなく、黒色の撥水剤にもなっており長期的に黒漆喰を保護します。

お問い合わせ・資料請求はこちら

施工要領例2◇内部:黒漆喰以外の色ムラの場合

①塗り替え面を水洗い(水拭き)後、完全乾燥

あく止めシーラー原液塗布後、完全乾燥(塗布後 半日~1日)

下地材 ボードベース塗り付け後、完全乾燥(塗り付け後 1日)

カラー漆喰 大津上塗り塗り付け

この場合に使用する材料について
あく止めシーラー

塗り壁の大敵「アク」をシャットアウト!コンパネや古壁、漆喰の塗り替えなどにお使い下さい。
定番の600g入のほか、使いやすい4kg 入り汎用タイプ、大変お得な18kg タイプもございます。

お問い合わせ・資料請求はこちら
ボードベース

ボードベースは漆喰を現代建築における石膏ボード、古い漆喰、ビニールクロスの塗り替えなど様々な状況で使える万能型下地材です。速乾性で硬化が早く簡単に平滑な下地が作れます。
【特長】
★水引き調整も兼ねた下地材。シーラー材必要無し
★速乾性ですぐ乾く。工期短縮
★高い付着力。古い漆喰壁やビニールクロスの塗り替えに使用可能

お問い合わせ・資料請求はこちら
壁公望 大津

壁公望大津は、自然素材100%の内装用仕上げ材です。完全な不燃としての性能と珪藻土配合により呼吸性能を高め、高い調湿機能を発揮します。
漆喰の質感と土の軟らかい風合いが融合し、土間たたきのような反応により、時間の経過と共に強度と味わいが増してゆきます。カラーはベーシックな8 色展開でお客様のニーズにお応えします。

お問い合わせ・資料請求はこちら

施工要領例3◇外部:黒漆喰以外の色ムラの場合

①塗り替え面を水洗い(水拭き)後、完全乾燥

あく止めシーラー原液塗布後、完全乾燥(塗布後 半日~1日)

下地材 漆喰ベース塗り付け後、完全乾燥(塗り付け後 半日~1日)

④カラー漆喰上塗り塗り付け(塗り付け後 1週間は雨に打たれないように養生)

撥水剤 プロテクターEX塗布(塗布後 1~2日は雨に打たれないように養生)

この場合に使用する材料について
あく止めシーラー

塗り壁の大敵「アク」をシャットアウト!コンパネや古壁、漆喰の塗り替えなどにお使い下さい。
定番の600g入のほか、使いやすい4kg 入り汎用タイプ、大変お得な18kg タイプもございます。

お問い合わせ・資料請求はこちら
漆喰ベース

外部漆喰塗り、塗替えに最適!古い漆喰壁の塗替えやコンクリート、モルタルなどへ漆喰を塗る場合の下地材です。水引き性能が高く、ムラ引きしないので上塗り漆喰塗りつけ時の作業性が上がります。また薄塗りなので、塗り厚が残っていない場合などにも漆喰ベースを塗り付け、乾燥後漆喰上塗りができます。
【特長】
★下地の水引きが安定。ムラ引きせず上塗りの作業性向上
★高い付着力。古い漆喰の塗り替えに使用可能
★速乾性ですぐ乾く。作業効率UP!

お問い合わせ・資料請求はこちら
プロテクターEX

水性の一液型で漆喰表面に撥水層を形成し、長期的に高い撥水効果を持続します。ただし漆喰表面に撥水層をつくる為、施工後テカリが出て漆喰の表情が変わります。漆喰の呼吸性能は妨げることなく、外部施工のカラー漆喰、黒漆喰の二次白華による色ぼけ防止に高い効果を発揮します。

●ご注意ください!!
施工をする場合は刷毛またはローラーを使用し、噴霧器による施工は行わないでください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

◇色ムラになりくくするための方法

白華には施工した漆喰が乾燥するまでに発生する1次白華と、施工は色ムラも無くうまくいったが、雨水など施工後の水分などで発生する2次白華があります。
1次白華は乾燥スピードに大きく影響を受け、乾燥スピードが遅ければ遅いほど顕著に発生します。

★1次白華対策
・下地材ボードベース漆喰ベースを利用し、下地の水引きを一定にして下さい。
ボードベース荷姿写真webサイズ300[1] 漆喰ベース荷姿写真webサイズ300[1]
・材料はあまり軟らかく練らないでください。(練り水量を少なし、はやく乾燥させるため)
・冬期(12~3月中旬)の施工は特に気を付けて下さい。冬期は乾燥スピードが遅くなるため、色ムラが出やすくなります。

★2次白華対策
・外部や内部の水廻り等で施工後、水がかかる可能性のある場合はプロテクターEXで表面を保護してください。漆喰に水が浸入しないため色ムラが出にくくなります。
shirokabe_protector[1]
・施工後、1週間程度は養生をして雨にあてないで下さい。漆喰の硬化スピードは遅いため、乾燥途中で雨にあたると色ムラが発生します。

土屋重吉ONLINE SHOP
Amazonでも販売中
販売代理店様用web 販売代理店様はこちら
facebacook
匠に役立つ塗り壁ブログ
近畿壁材の土ブランド土屋重吉
豊富な施工実績
お客様の声
よくある質問
会社概要
ひょうご優良経営賞兵庫県知事賞を受賞しました
日本生産性本部「実効力ある経営」認証評価制度 継続認証 認定されました
Twitter
Instagram
Line