プロ用の土壁・漆喰壁で本格的な塗り壁を楽しむブログ
プロ用の土壁・漆喰壁で本格的な塗り壁を楽しむブログ

漆喰に使うすさ?「紙すさ」が発売!本紙すさ登場

漆喰に使われる紙すさについて、大別して2種類あるのをご存知ですか?
一つは麻繊維、もう一つは和紙(紙)繊維です。

麻すさは、白雪すさや富士すさという商品名で売られており、よく使われますが、紙すさは以外に知られていないんです。

20mm

≫城かべ漆喰に使う、麻すさのご購入はこちら・・・・

で、今回発売となったのが、【本紙すさ】!

現物写真 _DSC0520

和紙の原料楮繊維でできたすさで、繊維が細かく細いわりには強靭で、保水性もよい繊維です。
≫大津磨きにも使える本物の紙すさ!はこちらから購入できます。

 

原本

≫本紙すさが欲しい~と思ったら・・・

使い方は、すこしややこしいですが、これが伝統材料の魅力!

①まずは、本紙すさをバケツに水を入れ漬けます。
十分に水を吸ったら、絞ってまた漬けます。

※繊維が軟らかくなるまで・・・

②水を絞った本紙すさを棒や木槌などで叩いて繊維をより軟らかく細かくほぐします。

manira (8) manira (16)

 

数回繰り返したら、再度バケツの水の中に入れ、攪拌機で混ぜると、繊維がほぐれてドロドロになります。

manira (19)

完成!

≫こんな紙すさが欲しい方は・コチラから・・・購入できます!

ドロドロになった紙すさを、海藻糊(炊き糊)と合せて漆喰を作るのも良し、既存の漆喰壁に追加するのも良し、色土と消石灰を入れ大津壁にするも良し!お使い下さい。

≫漆喰用の消石灰をお探しのお客様はコチラ・・・

≫大津壁を作る!色土をお探しの方はコチラ・・・

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
土屋重吉NEWS
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

土屋重吉ONLINESHOPは土壁関連商品、日本一の品揃え!

漆喰壁・土壁の総合メーカー近畿壁材工業!
ホームページがリニューアルしました。 https://www.kinkikabezai.com/

—————————————————————————–
Facebookで最新情報をGET!「いいね!」
—————————————————————————–
≫土屋重吉公式Facebookはこちら・・・『いいね!』お願いします。

≫近畿壁材工業の新製品情報は・・・近畿壁材工業Facebookはこちら!

□□□YouTubeチャンネル□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
匠に役立つ塗り壁動画!YouTubeで配信中!
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
名称未設定 2
≫匠に役立つ塗り壁動画!チャンネル登録お願いします。

■■■■■大正元年創業■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
大正元年創業!初代、浜岡重吉(じゅうきち)が始めた「土屋」 淡路土の歴史を守り続ける老舗企業
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
土屋重吉は、大正元年淡路島で創業した土屋です。
初代濵岡重吉(はまおかじゅうきち)の名前が屋号になっています。
≫土屋重吉について詳しくお知りになりたい方は、コチラからコンセプトページをご覧下さい。

—————————————————————————————————————————————————
アマゾンで便利に土壁・漆喰をお買い物!!
—————————————————————————————————————————————————
土屋重吉の製品は、アマゾンでも発売中!

アマゾンアカウント、プライム会員の方のお買い物はコチラが便利です。

amazon

 

お問合せフォーム 電話でのお問い合わせはこちら0799-85-1147
お問合せフォーム 電話でのお問い合わせはこちら0799-85-1147
土屋重吉ONLINE SHOP
土屋重吉ONLINE SHOP
このページの上に戻る
このページの上に戻る