MENUメニュー

塗り壁デザインDESIGN

0063土と藁が見える大胆な荒壁の掻き落とし仕上げ

0063土と藁が見える大胆な荒壁の掻き落とし仕上げ

古くから日本の伝統建築の下地として、強度の高く分厚い壁として採用されてきたのが「荒壁」。

そんな荒壁の問い合わせでも、意匠性が気に入られ仕上げとされることが最近では増えてきました。

通常の仕上げで見る土壁よりも、藁が大きく素材感が高いデザインになっています。

今回はその荒壁をより素材感が出るように、ワイヤーブラシや剣山を使って削る工法の「掻き落とし仕上げ」ができました!

一般的には、下地として使用される荒壁を仕上げにすると迫力があります。なので土壁の素材感を強調したい方におすすめ!

色で選ぶ

素材で選ぶ

パターンで選ぶ

使用箇所で選ぶ

イメージで選ぶ