MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/06/22(月曜日)土間たたきの土!深草砂利と淡路土どう違うの?

京都の深草たたきに使う「深草砂利」って?砂利なの・・・


≫日本一有名な土間たたき用の土、深草砂利はこちら・・・

土間たたきに使われる「土」は、同じ土でも土壁に使われる「粘土」とは少し違います。
たたきは、文字通りたたき締めて固めるので粘土のようにネバイと使えません。
そんな理由から土間たたきに使われる土は、各地によって若干の違いはありますが、「真砂土」や「サバ土」と言われる花崗岩が風化した砂利や砂が混ざった土が使われます。


上の写真は、これもたたきではよくつかわれる「淡路真砂土」見ての通り粒子は荒いですよね!

≫淡路真砂土はこちらからご購入頂けます。

たたきは、消石灰と土を混ぜて使うのですごくねばくなります。砂や砂利が適度に入っていないと割れたりします。
また、粘土は水を沢山吸うのでベタベタネバネバして施工性も悪くなります。

 

土間たたきに使う土は意外になんでもいいわけではありません。

というわけで、京都の深草砂利はどんなの?

京都の深草砂利は歴史的に古く、聚楽土同様に有名ですよね。
「土」がブランド化しているのも珍しいと思います。

余談ですが、白川砂なども京都ですよね。京都は何でもブランド化できるすごい・・・

上の写真が、現在弊社で在庫している深草砂利!
やっぱり砂利というだけあって、先ほどの淡路真砂土より少し粗く、粘土分も少ない気がします。

実際当社でも使ってみましたが、そのままだと石灰を多く入れないといけないので、若干黄土(粘土)などを入れたほうが使いやすいと思います。

また、最近ではセメントを入れて行う方も多いようですが、やはりたたきは、石灰とにがりがお勧めですね。

≫土屋重吉では多くの土間たたき関連商品をご用意しております。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ