MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/02/28(水曜日)城かべ漆喰と古代漆喰の違いとは!

弊社漆喰には大きく分けて2種類の漆喰があります。
城かべ漆喰シリーズと古代漆喰シリーズです。

今回はこの違いについて簡単にご紹介いたします。
2種類は製造方法が違うので、漆喰の持つ特徴が変わってきます。
漆喰は原料の良質な石灰岩をコークスで塩と共に塩焼きし、出来た生石灰に水を投入し消化させて出来た消石灰を主原料にします。
この消化の際に最低限の水で消化させ粉末状態の消石灰を主原料にした漆喰が城かべシリーズ。
多量の水で消化させ、余りの水を絞り得られるペースト状の消石灰(造語で生石灰クリームや石灰乳)が主原料の漆喰が古代漆喰シリーズです。

ではどう違うのか?
多量の水で消化させた古代漆喰シリーズは、水にすべて浸っている状態になり生石灰が必要とする水分を全て取り込みますので未消化(反応しない部分)がほぼありません。
粒子系も大きく育ち壁表面も緻密(固く)になります。さらに濡れ性(馴染み)が良くなっており、施工時の収縮が比較的小さくなり割れのリスクが少なくなります。
この特性を活かしている製品が漆喰磨き用のノロですね!
«漆喰磨き用のノロはこちら・・・

古代漆喰の特徴を書かせて頂きましたが、決して城かべシリーズが悪いわけではありません(笑)あくまで古代漆喰と城かべ漆喰を比較しての見解です。
城かべ漆喰を数日練り置きしてから使用して頂ければ、材料全体に水が馴染み、塗りやすく古代漆喰に近い感じになりますので、城かべシリーズをお使いの方は是非練り置きしてからご使用下さい。
«城かべ漆喰を練り置きしている製品 城かべ練り漆喰はこちら・・・

この主原料の製法の違いに用途によってすさや骨材、糊の配合を変えてあるものが弊社の漆喰シリーズになります。
配合の違いは下記を参考にしていただき、迷う方はお気軽に弊社にご相談下さいませ。
シリーズ.pdf

 

 

>近畿壁材の動画、チャンネル登録お願いします。

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ