MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/12/12(土曜日)城本奮闘記!「俺の研究」・・・その23-1

前回の続きで1時間経過したものを比較したいと思います。

漆喰蔵直し入りのほうはステンレスのボールで、城かべだけのものは白色のボールです。写真でお分かりだと思いますが城かべだけのものはまだまだやわらかいですが、漆喰蔵直しを混ぜたものはしゃもじがささるくらいに固くなりました。次に2時間後を比べてみます。

蔵直し入りは割ることができるくらいに硬くなりました。城かべだけは少し硬くはなっていますがまだまだペースト状です。

手前が漆喰蔵直し入り、奥が城かべのみです。奥のほうはまだ水をもっているのがよくわかると思います。次に色ですが完全乾燥させたものがこちらです。

塗った直後は漆喰蔵直し入りがグレーで心配しましたが、乾燥すると白くなり違和感はありません。表面もツルツルになるくらい押さえもできました。漆喰蔵直し入りは初期硬化が早く施工が素早くできるのではないでしょうか。ただ表面の硬化はかなり早いので押さえは早めにした方がいいと思いました。

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ