MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/12/02(水曜日)お問合せの検証!城かべに城かべボンド混入はいいの?

自然素材の城かべにボンドを入れることはあまりお勧めできませんが、「やってみたい!」というお客様の要望から、参考に押さえが出来る限度を検証してみました。
もちろん、ボンドのみの混入でも問題はありませんが、せっかくなのですさ「樹脂繊維」も追加してみました。城かべは、純白の押さえ仕事がある種売り!押さえられない城かべではだめなのでどれくらいまでがいいのか?
城かべボンド
今回使用の材料は、写真左が「樹脂繊維」・右が「城かべボンド」!そもそも城かべボンドは城かべ混入用に作った製品です。油替わりや、接着増強にお勧めですが、自然素材の城かべにボンドや樹脂繊維はどうかと…..
≫城かべボンドはコチラ
≫樹脂繊維はコチラ

漆喰用すさ 樹脂繊維 漆喰
まずは樹脂繊維!
城かべに対して1%、2%。3%と増やしていった。当然割れにくくはなるのでたくさん入れたいところですが、上の写真のように、3%の混入でもさもさして塗りにくくなります。
お勧めは、2%(重量比)程度ですね。

城かべボンド
次にボンドの添加量ですが、樹脂が多く入ると城かべは押さえられなくなります。
城かべボンド600cc程度がやはり限界ですね。
お勧めは、城かべ1袋に城かべボンド1本~半分程度でした。

今後城かべにボンドや繊維を追加する場合は、これくらいが限界ですね。ご参考に!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ