MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/12/29(火曜日)現場の知恵に驚きです。城かべをどう使うのかが大事!

いつもお世話になっている左官屋さんの現場へ勉強に行ってきました。城かべ漆喰はもちろん「漆喰」なので押さえ仕上げが定番でそのような仕上げはよく見ますが、漆喰の特徴をそのままにデザイン性を向上させたアレンジには毎回勉強させていただきます。
今回は、お客様の要望で素材は「漆喰」ですが、土壁風の仕上げや少し色のついた漆喰をパターンで仕上げ尚且つテカリを抑えて欲しいとのこと、城かべ漆喰を原料に地元の土や砂を入れてアレンジしたそうです。
土壁 漆喰壁 城かべ 土壁
玄関からリビングへの廊下は城かべを使った土壁風の仕上げ!

城かべ 漆喰 城かべ 漆喰 城かべ 漆喰 漆喰パターン
リビング、ダイニングキッチンは漆喰のパターン仕上げですが、真っ白でなくほんのり色がついています。

施工した左官屋さんは、
「城かべは、ある意味原材料として非常に使いやすい材料でねぇ、少し手を加えるだけでお客さんのニーズに合わせた仕上げができますよ」
「漆喰として売るだけではバリエーションが少なくてお客さんも困るけど、城かべは少しアレンジすれば無限に仕上げできるから楽しいよね」

城かべでこんな仕上げが出来ます提案!これからもがんばって増やしていきたいと思いますが、もちろん材料だけでなく高度な技術もいるそうです。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ