MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/04/05(日曜日)テカリが少ない漆喰を目指そう。

とある左官屋さんと冬場や鏝跡による漆喰のテカリを無くす下地を研究中!
テカリは漆喰のノロ(アマ)が乾燥時表面に結晶膜を張って反射してデラデラする現象。ちょうどコンクリートの型枠外した時のデラデラ光るのとよく似た理由です。最近は石膏平ボード下地が増え、薄塗り工法が増えてきたので、冬場の塗りっぱなしの仕上げなどでよく発生します。
下地に水を引かすか、水が引くタイミングで鏝を当てて結晶膜を壊すか・・・あまり水が引きすぎるとブツが出るし、引きが悪いとテカルし・・・難しいですね!
下の写真はいい感じに仕上がっています。
漆喰のテカリ 漆喰のテカリ
城かべに最高の下地材はこちら・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ