木の家は素敵ですが、木と土壁の家はもっとオススメです。 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

13

2017 09

木の家は素敵ですが、木と土壁の家はもっとオススメです。

「我が家にも土壁が塗れるんですね」
現場立ち合いしたお客様に言われた言葉で、土壁は昔ながらの伝統建築だけに使用出来るイメージだったみたいです。

実家の家は土壁だったなぁ・・や街並みに土を塗っている蔵があったりと皆さんどこかで土壁には触れててイメージ出来るんじゃないでしょうか?
しかし施工はすごく手間がかかるので我が家を建築時に選択肢に入らない事も多いかと思います。


確かに写真のような木舞下地で最初から最後まで土壁で仕上げるとなると、工期や価格的に断念してしまう方も多いかもしれませんが、実は下地処理をきちんとすれば石膏ボード等の現代的な下地の上に施工する事も出来ます。

具体的な施工方法については以下の過去ブログ画像よりどうぞ・・
石膏ボードに塗れる土壁をお探しの方・・・
本土壁やすらぎを石膏ボードに塗る際の下地は・・・

弊社では土壁仕上げ材として「本土壁やすらぎ」をおすすめしていますが、中にはもっと粗々しくしたいや少しぐらいのヒビ割れが見えてほしいといったお声もあります。
そういう場合は中塗土仕上げはいかがでしょうか?壁の中塗に使う土をそのまま仕上げにしてしまいます。
中塗り仕舞いなどとも呼ばれ最近増えている施工ですね。
表面に出る土壁は乾燥後に手で擦っても傷つきにくい等の強度が必要なので、使用する土の吟味が必要ですが淡路土は壁材の強度も充分にあり自身を持っておすすめ出来ます。

通常は素材の販売ですので、土、わらすさ、砂を適度に配合して使用していただきますが、全てミックスされ水で練るだけの既調合中塗土が「中土(なかつ)」です。
«中土(なかつ)のカタログ、商品説明書はこちらから・・


本土壁やすらぎの表情です。


中土(なかつ)の表情です。
少し凸凹がり微細なクラックも見えます。


塗り厚を比べると中土(なかつ)の方がかなり厚いのが分かります。
中塗土として塗る場合は標準塗り厚10㎜ですが、石膏ボードに中塗り仕舞いとして上塗りにする場合は、ボードの負担を減らす為に下地ボードベースLightに中土(なかつ)の塗り厚5㎜ぐらいが最適だと思います。

実際に手元で見比べて比較検討してみたい方は下記よりお問い合わせ下さいませ。
«お問い合わせはこちらから・・

2017/09/13 11:46

このページの上に戻る