外部洋風しっくい施工後の汚れでお悩みの方はいませんか? | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

08

2017 09

外部洋風しっくい施工後の汚れでお悩みの方はいませんか?

当社はお客様の声を集め、お客様が抱える問題解決に向け製品を開発しております。そんなお客様の声を集計したところここ数年増え続けている問題が外部しっくい壁の汚れやカビ、またそのような状態のしっくい壁の塗り替え、メンテナンスに関するお問い合わせです。特に洋風建築で軒が無い四角い住宅に、しっくい壁も洋風に模様仕上げで表面もザラザラした仕上げを施工した物件に集計結果上多いようです。
IMGP0050 (1280x720)
そこでメンテナンスにあたりどのような製品が良いのか?市場調査をしました。
「どうせメンテナンスするなら次は汚れにくく、きれいな状態のままを維持できる方が・・・」
「下地が模様仕上げで凸凹してるから、鏝塗りの厚塗り仕様でないと施工できないよ」
「もともとしっくいを塗ってあったから、風合いは変えたくないよね」
「塗料系だと塗り厚がうすくて下地が透けることがある。きれいに隠れるものがいいよね」
このような課題を解決する商品が「洋風漆喰壁リペアー材 ベッラム―ロ」です。
nisu3
特長①汚れを隠す高い隠ぺい力
DSC07618
ペンキとは違い高い隠ぺい力がある材料です。なかなか隠蔽できない下地の汚れを1発で隠します。写真は黒しっくいの上にベッラム―ロを施工したものです。きれいに黒しっくいが隠れております。
特長②高い撥水性能
DSC06501
今までの壁材とは違いベッラム―ロ自身に高い撥水性能があります。施工後のトップコートなどは必要ありません。写真はベッラムーロ乾燥後、食紅を混ぜた水滴を表面に落しました。撥水するため水滴が玉のように浮いたようになっています。
特長③鏝塗り厚塗り仕様でしっくいの風合いは変わらない
DSC07613[1] (854x1280)

トップコートでありながら鏝塗り施工で、下地の凸凹に対応します。また写真のようにテカリもなく仕上りはしっくいパターンの表情が変わりません。
>>ベッラム―ロ商品カタログはこちら・・・
外部洋風しっくい壁でお悩みの方はご検討ください。

2017/09/08 11:30

このページの上に戻る