商品一覧

さらに進化した城かべ

さらに進化した城かべ

内装に漆喰を塗りたい

内装に

石膏平ボード(PB)にも城かべ漆喰は施工できます。
安全と安心の住空間を作るには、自然素材100%の城かべ漆喰シリーズをご利用下さい。純白でフラットな押さえ仕上げから、洋風パターン仕上げ、ビニールクロスのリフォームまであらゆる内装仕上げのご要望にお答えいたします。

材料

外装に漆喰を塗りたい

外装に

漆喰の大敵は水です。外壁に漆喰を塗る場合は防水、撥水処理が必要です。また下地まで水分を廻らせない工夫も必要です。

材料

着色したい

色漆喰

漆喰の基本は白色です。その白色である漆喰に無機顔料等で着色すれば、非常にムラになりやすくお薦め出来ません。天然の粘土を使用する事で、ムラになりにくく、やわらかな風合いの色漆喰になります。

材料

漆喰でパターン付けをしたい

パターン

漆喰は施工次第で無限のバリエーションを表現する事が出来ます。パターン漆喰もその一つですが、鏝押さえが少ない分、水を吸いやすくなります。撥水剤等での防水処理が必要です。

材料

一度に厚く塗りたい

一度に厚く

通常の砂漆喰では塗り厚が5㎜が限界です。5㎜以上の厚みですと、材料が垂れてきたり、割れたりします。漆喰蔵直しを利用する事で10㎜程度までの厚付けが1度にでき、ダレも抑制します。

材料

乾燥のスピードを早くしたい

乾燥スピード

寒冷地や冬場の漆喰仕事は乾燥が非常に遅い為、乾燥途中での凍害等の不具合が多くなります。そうならない為にも乾燥硬化を早める必要があります。

材料

水持ちを良好にしたい

水持良好に

吸水の激しい下地や夏場での漆喰仕事の場合、ドライアウトが原因で硬化不良や接着不良が起こります。下地への城かべシーラー塗布や漆喰への海藻糊混入で改善出来ます。

材料

文化財仕様の漆喰が欲しい

文化財に

文化財建築の保存修復には古い漆喰の忠実な再現が必要になります。海藻炊き糊、貝灰、天然植物油等を昔ながらの配合で既調合化しています。

材料

屋根に使いたい

屋根漆喰

台風の多い日本で屋根しっくいには耐久性が重要です。漆喰は硬化後、石になりセメント系材料より吸水率が低くなります。また瓦や土との相性も非常に良く剥離の危険性も低いです。

材料

漆喰を強化したい

強化したい

古代漆喰シリーズは従来の漆喰の製造方法とは違い、長期間熟成させる事で石灰の持つポテンシャルを最大限に引き出すことに成功しました。白色度、表面強度、吸水率の低さ、どれをとっても最高級の漆喰です。

材料

より真っ白にしたい

より白く

漆喰の原料の一つであるすさを、日本の伝統「和紙」の繊維を使用する事で純白できめ細かく美しい艶を持つ漆喰になります。

材料

クラックを軽減したい

クラック

100%割れない漆喰はありませんが、割れにくくする方法はあります。材料、工法、技術がマッチすれば非常に強固な漆喰になります。

材料
近畿壁材の漆喰が選ばれる理由
こだわっています 商品一覧
販売実績No1 施工実績
ご相談ください お問い合わせ
よくある質問に答えます! Q&A
このページの上に戻る
土屋重吉ONLINE SHOP
販売代理店様用web 販売代理店様はこちら
facebacook
匠に役立つ塗り壁ブログ
豊富な施工実績
お客様の声
よくある質問
会社概要
ひょうご優良経営賞兵庫県知事賞を受賞しました
日本生産性本部「実効力ある経営」認証評価制度 継続認証 認定されました
Twitter
Instagram
Line